キレイを保つコツ

キレイを保つコツ

キッチン

ガスレンジ廻りは特に汚れが付きやすい箇所です。
油汚れ、煮こぼれ、焼け焦げなどの汚れがほとんどで、それらがこびりついてくると取りにくくなるので早めのお掃除が大切です。
※窓や扉を開け、換気をよくしてから作業をはじめてください。
※ゴム手袋は、液だれを防ぐため、端を折り曲げてからはめましょう。

ガスレンジ

1、五徳や魚焼きグリル、網、バーナーキャップを取り外します。

2、シンクに傷がつかないようにタオルを2~3枚敷きます。
その上に大きめの洗い桶を置き、40℃前後のお湯を溜めます。
市販の付け置き用のアルカリ性洗剤を表示通り希釈した量を入れます。

3、五徳や魚焼きグリルなど取り外した部品を入れ、30分~60分程度付け置きします。

4、ガスレンジ用の固めのブラシで汚れを擦ると落としやすくなります。
スポンジを使用する場合は、硬めのスポンジが必要です。
五徳やバーナーキャップ、魚焼きグリルなどは真鍮製のワイヤーブラシで擦ってもよく落とせます。
その際はキズがつかないか確認が必要です。

5、トッププレートはキッチン用油落とし洗剤を吹き付けて、スポンジで擦ります。

6、布巾で水拭き、乾拭きをします。

洗剤は即効性が無いものが多く、除々に浸透し効果を発揮します。
付け置きすることによって汚れが浮き上がり、力をさほど加えなくても汚れを落とすことができます。

トッププレートにフッ素加工が施されている場合は、熱く湿らせた布巾で拭くだけでキレイになります。
汚れが取れない場合は、キッチン用洗剤で拭いてから水拭き、乾拭きをします。
擦るとフッ素加工が傷むので注意が必要です。

IHヒーター

1、通常の汚れは、お湯を固く絞った布巾で拭きます。

2、どうしても取れない汚れはキッチン用洗剤を含ませたキッチンペーパー等で湿布します。

3、暫く置いた後、柔らかいスポンジで擦ると取りやすくなります。

クレンザーを使用する場合は、スポンジではなく布巾につけて、キズがつかないように優しく擦って落とします。

壁・棚表面

壁面や流し台の扉等の垂直面に洗剤をスプレーする場合は上から始めると洗剤が垂れて液だれの跡がついてしまいます。 こういう場合は、下から上へスプレーすると液だれを防げます。

1、洗剤をスプレーし、スポンジで擦ります。

2、水拭き、乾拭きをします。

シンク廻り

1、シンクはキッチン用洗剤をスポンジにつけてステンレスの目に沿って擦ります。

2、水でよく流してすすぎ、乾拭きします。

薄めた塩素系洗剤を布巾につけて擦っても落ちますが、ステンレスは塩素系洗剤に弱い素材なので、十分に洗い流しましょう。

クレンザーを使用する場合は、必ず目に沿って擦り、よく洗い流しましょう。

市販のメラミンスポンジを使用するのもよいでしょう。

排水溝廻り

1、排水溝の蓋、網、排水トラップを外します。

2、ブラシを使用して、排水溝内部を洗います。

3、外した部品をバケツに入れ、40℃前後のお湯を部品がつかるまで入れます。
漂白剤を規定の量を入れて、10~15分程度付け置きします。

4、ブラシで擦った後、水でよく流してすすぎます。

冷蔵庫

1、冷蔵庫内の棚等を取り外します。

2、冷蔵庫内は薄めた塩素系漂白剤で拭いた後、水拭き、乾拭きをします。

3、外した棚はキッチン用洗剤で洗い、水ですすいでから乾かします。

4、冷蔵庫の扉表面も手垢がついて汚れやすいので、キッチン用洗剤を含ませた布巾で拭くとキレイになります。

※食品管理には注意しましょう。特に夏場は注意しながら作業を行ってください。

その他・予防できること

レンジフードの金属フィルターに使い捨てフィルターをつけておく。

シンクを使用後、水分を拭き取り、できればステンレス用の艶出し保護剤を塗布しておく。
(ホームセンターで購入できます。)

シンクの排水口にネットを張っておく。

浴室

浴室は湿気によるカビや湯垢・体の汚れなどが多いので、日頃のお掃除が大切です。
使用後に、水気を拭き取ったり、よく換気をすることでカビを防げます。
※窓や扉を開け、換気をよくしてから作業をはじめてください。
※ゴム手袋は、液だれを防ぐため、端を折り曲げてからはめましょう。

浴室

1、浴室は洗剤で洗う前に、全体をシャワーで流します。

2、浴室用洗剤をスポンジにつけて、下から洗います。
硬いスポンジや硬いブラシを使用するとキズがつく可能性があるので、目立たない所で確認してから使用しましょう。

3、水垢は酸性洗剤、クリームクレンザーなどで擦ります。
FRPと呼ばれる繊維強化プラスチック製の浴槽などはツヤがなくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

4、酸性洗剤を塗布し、30分程度おきます。

5、水をよく流してすすぎます。

6、蛇口廻りやシャワーホースも浴室用洗剤で丁寧に洗います。

7、洗剤はシャワーでよくすすいでキレイにします。

【浴室のカビ】

※カビ取り剤は、塩素系洗剤なので他の洗剤と混ぜると死に至る可能性があるので大変危険です。

1, 浴室の清掃が終わったら、カビのあるところにカビ取り剤をスプレーします。

2, 黒く落ちないカビには、ジェルタイプのカビ取り剤をキッチンペーパーやガーゼ等に含ませて30分程度湿布します。

3, ブラシでこすり、水をよく流してすすぎます。

【浴室の鏡についた水垢】

1, お酢をキッチンペーパーやガーゼに染み込ませて鏡に貼り付け、水垢に浸透させます。
さらにサランラップで空気が入らないように貼り付けるとより効果的です。
(お酢に含まれている酢酸は揮発しやすいため)

2, 半日ほど付け置きします。

3, やわらかめのスポンジで円を描くように磨きます。

4, 水をよく流してすすぎます。

その他・予防できること

換気をよくする。
残り湯を溜めずに、お湯は抜いて浴室に湿気が溜まらないようにする。
水気をよく拭き取ったり、冷水を天井以下にかけ室温を下げる。
換気扇に使い捨てフィルターをつける。
排水口にネットやフィルターを敷く。
使用後に壁面、床等を水滴をかきとれる風呂用スクイジー(ホームセンターで購入可)で水切りをする。
消毒用エタノール(薬局で販売)をスプレーするとカビが発生しにくくなる。

カビとは?
空気中に浮遊している細菌のこと。温度15℃以上、湿度75%以上の場所で根付き、胞子をつけ目に見える「カビ」となる。

水垢とは?
水道水中に溶けている、マグネシウム・カルシウム等の金属イオンが蒸発した時に化合物としてできたもの。
(住まいの地域の水質によって異なる)

トイレ

トイレは尿石等の汚れが蓄積し段々と落としにくくなっていくので、日頃のお手入れが大切です。
※窓や扉を開け、換気をよくしてから作業をはじめてください。
※ゴム手袋は、液だれを防ぐため、端を折り曲げてからはめましょう。

便座・蓋

1, プラスチックはキズ付きやすいため、すぐに拭かずにハタキで埃をとっておきましょう。

2, 中性洗剤を薄めた水に雑巾を浸し、固く絞って便座や蓋を拭きます。

3, 水拭き、乾拭きをします。

便座の裏にあるクッション用のゴムや便器と便座を止めているゴム製の付根部分の汚れは歯ブラシ等を使用すると隙間をよく洗えます。

便器内

便器内には構造上、常に少量の水が溜まっています。
掃除の際は大きめのバケツに半分より少し上まで水を入れて便器内に流すと水位が下がります。
溜まっている水の淵廻りの汚れは洗剤をかけても水に流れ出してしまい効果が半減しますが、こうすることで、溜まっている水の淵廻りの汚れにも洗剤がしっかりとついて、汚れが落としやすくなります。

1, 日頃は中性タイプのトイレ用洗剤を使用し、ブラシで擦り洗いします。

2, 尿石や黄ばみが強くなっている場合は酸性タイプのトイレ用洗剤を使用し、ブラシで念入りに擦り洗いします。

3, 便器のホーローの材質についた尿石は軽石(スプーンやマイナスドライバーでも可)を使って削り落とします。
※ただし、軽石等はキズがつく可能性があるので目立たない所で試してから使用しましょう。

4, 酸性タイプのトイレ用洗剤を使用し、ブラシで擦り洗いします。

ウォシュレットのノズル

1, 手でノズルを引き出すかウォシュレット本体のノズル掃除ボタンを押します。
※メーカーによってノズルの出し方は異なるため、取り扱い説明書に従って下さい。

2, ノズルを歯ブラシで擦って汚れを落とします。
あまり落ちない場合は中性洗剤を歯ブラシにつけて擦ります。

3, ノズルに付いた洗剤を水でよくすすぎます。
コップなどに水を入れてノズルにかけ、泡が無くなるまで繰り返します。

4, 掃除が終わったらノズルを戻します。

その他・予防できること

タンクに防汚効果などがあるタブレット型の洗浄剤を置く。
便器内の汚れを確認できるため透明タイプがお勧めです。

洗面所

日頃から使用後、水気を残さないように乾拭きすると比較的キレイに保てます。
※窓や扉を開け、換気をよくしてから作業をはじめてください。
※ゴム手袋は、液だれを防ぐため、端を折り曲げてからはめましょう。

洗面ボウル

1, 市販のメラミンスポンジを使用して蛇口廻りを擦った後、乾拭きします。
メラミンスポンジは洗剤を使用しなくても少量の水を含ませて擦ると、消しゴムのように表面を摩耗しながら汚れを落とすことができるスポンジです。

2, 汚れが強い場合は浴室用洗剤をスポンジにつけて擦り洗いします。

3, 排水のヘアキャッチャーは歯ブラシでこするとキレイになります。

洗面台

1, メラミンスポンジで擦り洗い後、乾拭きします。
2, 汚れが強い場合は浴室用洗剤をスポンジにつけて擦り洗いします。

水拭き、乾拭きでも良いですが、水拭きで鏡全体を拭いた後、ガラススクイジーで上から下へ水気を切り、残った水分を拭きとるとキレイになります。 (ガラススクイジーはホームセンターで購入できます。)

その他・予防できること

排水口にネットやフィルターを敷く。

窓・サッシ

窓ガラスはスクイジーを使用すると清掃が簡単です。
晴れの日など日光の強い時はガラス面の温度が高くなっており、スクイジーを使用しても水分がすぐに乾燥してしまうため、拭きムラが出やすくなります。
その為、手早く作業する事が重要です。うまくできない場合は涼しい日や曇りの日に作業するとガラス面の温度も高くなく作業しやすいです。
※ゴム手袋は、液だれを防ぐため、端を折り曲げてからはめましょう。

窓ガラス

1, 水が床に落ちることがあるので清掃前に床にタオル等を敷いて養生しましょう。

2, 清掃する面を水を含ませたスポンジで洗います。

3, スクイジーをガラス面にあて、ゴム面が浮かないように上から下までゆっくり引いていき水をかき取ります。
スクイジーは窓清掃用の道具でT型をしており、水滴をかき取るためのゴムがついています。
(ホームセンターの窓清掃コーナーで購入できます。)
※スクイジーは寝かしすぎたり、立てすぎてもいけません。
ガラス面に対し45度程度の角度であてると、うまくかき取れます。
拭きムラが出ても途中で止めてしまわずに一気に引くとキレイにできます。

4, ガラス面の隅に残った水滴を雑巾で拭き取ります。

【手で拭く場合】

水拭きをしたら、すぐに乾拭きをします。
このとき、水分が乾いてしまうとムラが出やすくなります。
新聞紙を濡らし、適当な大きさに折りたたんで拭いてもキレイになります。

サッシ

1, 初めにブラシなどで埃を集めながら、掃除機で吸い取ります。

2, 水拭き、乾拭きをします。

3, 隅や角の汚れはヘラ等に布巾を巻きつけて拭くとキレイになります。

部屋廻り

※ゴム手袋は、液だれを防ぐため、端を折り曲げてからはめましょう。

照明

明かりを点けたまま清掃せず、必ず消灯し電球や傘が冷めてから清掃しましょう。
点灯したままだと熱くなった電球でやけどをしたり、割れたりすることもあるので危険です。
また、天井につけたままではなく、外せる部分は外してテーブル等の安全な場所に置いてから掃除しましょう。

1, 照明の傘、プラスチックカバーを外します。

2, 浴室等でシャワーをかけて、住宅用洗剤と柔らかいスポンジを使用し擦り洗いします。

3, 水でよくすすいで、水気を拭き取り乾燥させます。
※シェードの金具等は金属製のものもあり、サビの原因にもなるので水気はよく拭き取りましょう。

4, 外せないコードや台座部分は住宅用洗剤で拭き取ります。

5, 水拭き、乾拭きをします。
※洗剤や水分が残らないように注意しましょう。

布、紙、木製品は水を使用せずに乾拭きで汚れを取ります。

細かい細工や装飾品が施されている場合はハタキや筆で埃をかきだし掃除機で吸い取ったり、細かい隙間は割り箸や棒状のものに布巾を巻き付けて隙間に入れ、拭きます。

家具

<棚>

木製家具は防水加工がされていない白木や無垢材を使用している場合、水を吸い込んでしまうこともあるため、あらかじめ清掃の前に清掃箇所に水をつけて吸い込むかどうかを確認します。

水を吸い込まない場合・・・木質塗装、合成樹脂、合板の製品
住宅用洗剤を固く絞った雑巾につけて拭いた後、乾拭きをします。
湿気がこもってカビが生えたりすることもあるので、3ヶ月に1回位は本や置物等を取り出して通風しましょう。

水を吸い込む場合・・・白木や無垢材の製品
水や洗剤は使用せずに乾拭き掃除にとどめます。

<ステンレス製の棚>

1, スチールラックやステンレス製の棚や家具についたサビ汚れはクリームクレンザーを少量(1~大)布巾につけ、汚れている部分を軽く擦ります。

※力を入れて強く擦りすぎるとキズになる事もあるため、優しく擦ります。
また、製品によってはツヤがなくなったり塗装が剥がれることもあるので、目立たない所で試してから使用しましょう。

2, 水拭き、乾拭きをします。

<ソファー>

【合成樹脂(塩化ビニール)の場合】

1, 住宅用洗剤を薄めて布巾につけ、全体を均一に拭きます。

2, その後、固く絞った布巾で水拭きし、乾拭きをします。

【天然の皮革製品】

色落ちしたり、縮んだり、痛んだりする場合もあるので、洗剤や水拭きは控え、乾拭きにとどめます。 ※市販の皮専用のメンテナンス製品を使用した方がよいでしょう。

【布張りの製品】

1, 粘着ローラーであらかじめゴミや埃を取ります。

2, ブラシを使用して色が変わる方向に繊維を起こしながら、ブラッシングし、掃除機でゴミや埃を吸い取ります。

3, 洗剤を使用して掃除する場合はカーペット用の洗剤を薄めて使用します。
※洗剤を使用する前に色落ちする製品かどうかを確認しましょう。

壁ビニールクロス

1, 表面の埃をハタキで取ります。

2, スプレータイプの住居用洗剤を固く絞った雑巾に吹き付け、クロス全体を拭きます。

汚れが強い場合は、メラミンスポンジを使用したり、少し強力な住宅用洗剤を使用します。
あまり強く擦ると、クロスが剥がれたり傷んだりする恐れがあるので軽く擦りましょう。

3, 水拭き、乾拭きをします。

直接、洗剤を拭きつける場合は下から上が基本です。
上から吹き付けると液だれし、シミになったりする可能性があります。

【油性汚れ(クレヨンやマジック等)】

1, 除光液を布巾に少量(500円玉程度の大きさ)含ませ拭くと簡単に落とせます。
※除光液でクロスが溶ける場合もあるので目立たない所で試してから作業しましょう。

2, 汚れが取れた後は固く絞った雑巾で水拭きをし乾拭きをします。
落としにくい汚れはメラミンスポンジで擦ったり、クレンザーを使用することもできます。
※擦った箇所が周囲より白くなり、余計に目立つ場合もあるので注意しましょう。

玄関

※ゴム手袋は、液だれを防ぐため、端を折り曲げてからはめましょう。

下駄箱

下駄箱の清掃はまず色落ちするか確認しましょう。
目立たない所で試して、色落ちする場合は掃除機で埃を取る程度にします。

1, 木製の下駄箱は、掃除機で埃を吸い取ります。

2, 固く絞った雑巾で水拭きをして、よく乾拭きをします。
雑巾の一度拭いた面はかなり汚れてしまうため、その都度裏返し、きれいな面で拭きます。

3, すぐに靴等を収納せずに10分程度通風します。

4, 水拭きした表面が湿っていないか確認してから、靴を収納します。
湿ったまま靴を収納しますと、かえって湿気がこもってしまいカビの原因になってしまいます。
下駄箱の中は湿気、臭いがこもりやすいので乾燥剤や消臭剤をいれておくと効果的です。

玄関床

床は砂埃や泥汚れがほとんどです。
タイル目地などは汚れが沈着し、落ちにくくなりますので、定期的に清掃しましょう。

【石材の床・・・タイル等】

1, 掃除機であらかじめゴミや砂埃を取り、水を流します。

2, 住宅用洗剤とナイロンブラシで全体を擦り洗いした後、水を流してすすぎます。

3, 水を除去し、通風して乾燥させます。

※水が流せない場合も同様に掃除機で埃を取った後、床を水で濡らし中性洗剤とブラシで擦り洗いします。
その後、洗剤がなくなるまで水拭きを繰り返した後、乾拭きします

【化学床・・・クッションフロア等】

1, 掃除機で砂やゴミを吸い取ります。

2, 水を流しながらナイロンブラシで擦り洗いします。

3, 水ですすぎ、雑巾で拭き取った後、乾拭きをしてから乾燥させます。

※水が流せない場合も同様に掃除機で埃を取った後、床を水で濡らし住宅用洗剤とブラシで擦り洗いします。
その後、水拭きで洗剤を拭き取り、乾拭きをして乾燥させます。

※ゴム手袋は、液だれを防ぐため、端を折り曲げてからはめましょう。

フローリング

普段はクイックルワイパーで埃をとって、集めたゴミを掃除機で吸い取ります。
月に2~3回は家具等を移動して、固く絞った雑巾で拭きあげるとキレイになります。
フローリングは木質のため、水や洗剤を多用すると傷むので注意しましょう。
※白木や無垢床は水にとても弱いため特に注意が必要です。

クッションフロア

普段は掃除機で埃をよく吸い取り、水拭きをします。
念入りに清掃する場合は、住宅用洗剤とスポンジで表面を円を描きながら擦り、洗剤をよく水拭きをします。
クッションフロアやPタイルの化学床は耐水性があり清掃しやすい素材ですが、傷がついていたりする場合は、水や洗剤を多用すると染み込んでシミになったりする恐れがあるので注意が必要です。

カーペット

掃除機掛けはカーペットの色が濃くなる方向へ毛を起こしながら掛けるようにすると、毛の奥の埃も取れやすくなります。
拭き掃除する場合は、カーペット用の洗剤をつけた雑巾を毛の色が濃くなる方向へ、あまり力を入れずに拭きます。
その後乾いたら、掃除機を同じように掛けて、さらに粘着ローラーを使用すると効果的です。

シミをつけてしまった場合は、なるべく早い処置が必要です。
時間が経つにつれて取りにくくなります。
基本的にシミをつけてしまったら、すぐに白いタオルをシミの上にあてて叩いて吸い取ります。
※擦るとシミを広げる原因になりますので注意しましょう。

【水溶性のシミ・・・ジュース、コーヒー等】

※カーペットが色落ちする場合はできません。

1, シミの回りに水をスプレーします。

2, カーペット用洗剤をシミにたっぷりと染み込ませます。

3, 白いタオルを当てて、タオルにシミを移していきます。

4, 固く絞った雑巾で水拭きをします。

5, ブラシで優しく毛を起こしながら(毛足の表面をなでて色が濃くなる方向)
毛足の湿り気が無くなるまで、ドライヤーで乾かします。
ドライヤーは表面から30~ほど離して一点にあてすぎないようにしましょう。

【油溶性のシミ・・・油、マジック、クレヨン等】

基本的に水溶性と同様の手順です。

1, シミの回りに水をスプレーします。

2, 無色透明の除光液(ベンジン)を白いタオルにしみ込ませて、タオルにシミを移していきます。

3, 固く絞った雑巾で水拭きをします。

4, ブラシで優しく毛を起こしながら、ドライヤーで乾かします。

1, 掃除の前に窓を開けて通気を良くしてから始めます。

2, 畳の目に沿って掃除機を掛けます。

畳は掃除機を引きずるだけでも傷む恐れがあります。
できれば、箒を使用する方がよいでしょう。
また掃除機を使用する時は強い吸い込みは避けましょう。

3, 乾いた雑巾で拭きます。

【カビ】

カビがはえてしまったら・・・
湿気が多い場合は畳にカビが生えやすくなるので、日頃からこまめに固く絞った雑巾で拭いた後、よく乾拭きをすることが大切です。

1, 消毒用エタノール(薬局で購入できます)をスプレーします。

2, 15分程度おいてから、乾いた雑巾で拭き、乾燥させます。
※カビが盛り上がっている場合はブラシでかきとって、ブラシを消毒用エタノールで洗います。

【汚れ】

汚れがついてしまったら・・・

1, 乾いた布巾で吸い上げます。

2, 擦らずに、キレイな水を少量かけて水と一緒に吸い上げた後、よく乾燥させます。

※畳は基本的に水拭きは厳禁なので、使用する場合は水量に注意しましょう。
また、カビの原因になるので乾拭きで行い、晴れた日は換気をして通風しましょう。